スマートフォンアプリのゲーム問題を考えよう

問題を防ぐための方法、問題が起きた時の解決策

携帯で制限をかける

もしも子供が、多額の課金をしてしまったら、大変です。
そんな時は、未然に防ぐ為に制限をかけることができます。
携帯ショップに行き設定を変えてもらいましょう。

携帯料金と一緒にお金を払う事ができなくすることができます。
ここで少しポイントを紹介します。
子供の携帯電話を購入する際の名義人は必ず親にしてください。
携帯の手続きはほとんど名義人が必要になってきます。
ということは、子供が設定を内緒で変える事はできなくなるという事なのです。

最近では十代後半になると当たり前のように携帯電話を持っている時代になってきました。
親の教育もありますが、子供自身の意識を持ってもらうことが大切かもしれません。
携帯を子供に持たせる時はある程度話し合いは必要だと感じます。

勝手に子供がクレジットカードを使ったら

なんとも恐ろしい題名だと思いませんか。
親としたらとんでもない事ですよね。
そんな時は一応のためカード会社に問い合わせをしてみてください。

結果どうなるかはあえて言わないです。
言えることは、もしかしたらカード会社が相談を聞いてくれるかもしれないという事と、もし、良い結果になっても、カード会社の印象は悪くなったことを自覚してください。

カード会社の信用を失うことは、後で面倒な事があるかもしれません。
上限額が下がってしまったり、大変なのです。
このような事がないように、カードをどこにでもおいてしまったりしないで、保管場所を決めて、決して子供に勝手に取られてしまう場所にはおかないという事です。
親としても、問題を防ぐような努力は必要かもしれませんね。


▲ TOPへ戻る